2022年01月01日

目次

0. はじめに

1. 概要
 1.1 究極連鎖法の定義 
 1.2 連鎖作成の方針

2. 序盤 初手2手〜3手 
 2.1 3色(1)
 (2) 
 2.2 2色2-2(1) (2) (3)
 2.3 2色3-1(1) (2) (3) (4)
 2.4 1色(1) (2) (編集中)
 2.5 4色(1) (2) (編集中)

3. 中盤
 3.1 くま積み (編集中)
 3.2 だあ積み (編集中)
 3.3 挟み込み (編集中)
 3.4 階段 (編集中)
 3.5 1列ずらし (編集中) 
 3.6 その他 (編集中)
 3.7 潰し (編集中)
 3.8 完成させた部分の変化 (編集中)

4. 終盤
 4.1 マルチへの変化(連鎖時間を減らす)
  4.1.1 4連鎖致死への変化
  4.1.2 3連鎖致死への変化
  4.1.3 2連鎖致死への変化
 4.2 複数色発火(発火までの時間を減らす)
  4.2.1 階段型
  4.2.2 挟み込み型
  4.2.3 連鎖の分離  
  4.2.4 その他の複数色発火形
  4.2.5 定型リバーシブル
  4.2.6 不定形リバーシブル 
 4.3 疑似複数色発火(発火までの時間を減らす)
  4.3.1 複数色発火の応用
   4.3.1.1 階段形の応用
   4.3.1.2 挟み込み形の応用
   4.3.1.3 2連鎖目の分離の応用
  4.3.2 定型疑似複数色発火形
 4.4 クイックを狙う(連鎖時間を減らす)
 4.5 潰しを発火する(相手に発火させない)

5.発火直前〜発火後
 5.1 おじゃまぷよ算
  5.1.1 致死狙い時
  5.1.2 つぶし狙い時
 5.2 まわし逆転のボーダー
 5.3 5連鎖先打ちで負けるケース

6. 付録
 6.1 ぷよm@s各Partの配ぷよを千早が組んでみたら
 6.2 ぷよm@s各Partの配ぷよを改良法で組んでみたら
タグ:ぷよぷよ
posted by 電気イルカ at 00:00| Comment(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。