2012年04月10日

4.2.2 挟み込み型

挟み込み型の複数色発火の基本形は以下。
挟み込み基本1.bmp

4,5列目の緑と4,5列目下の赤が発火点で、
緑から発火する5連鎖
赤から発火する5連鎖
の2通りの連鎖を見ることができる。




ぷよm@sPart11で千早が自力でこの形を思いつくに至り(選択肢:3列目赤or黄) 
4.2.2例1.png

ぷよm@sPart26で実際に使用している(選択肢:5列目紫or黄)。 
4.2.2例2.png




挟み込み型の発火色複数の場合、間に挟む色によっては暴発の可能性が発生する。
4.2.2例3.bmp

この場合、
・黄色から発火すると5連鎖
・赤から発火すると暴発し4連鎖
となり、致死連鎖を発火できるのは1色のみとなってしまう。




その場合のフォローとして、以下の図のように組むことで発火色複数を保持できる。
4.2.2例4.bmp

この場合、
黄色から発火する5連鎖
赤から発火して5連鎖目に赤を回収する5連鎖
の2通りの連鎖を見ることができる。


posted by 電気イルカ at 02:00| Comment(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。