2012年04月10日

4.2.3 連鎖の分離

連鎖の分離による複数色発火が狙える基本形は以下の2通り
2連鎖目分離1.bmp 2連鎖目分離2.bmp

左図を例に説明するが、それぞれ
黄から発火する5連鎖
赤から発火する4連鎖
の2通りの連鎖を見ることができる。


ここから2連鎖目の赤が偏った場合、
赤を捨てずに、連鎖の後ろに付け足すと良い。
2連鎖目分離3.bmp

これにより、
黄から発火する5連鎖を保持しつつ
赤から発火して5連鎖目に赤を回収する5連鎖
も狙うことができる。


応用として、3連鎖目の分離も狙えることがある。
3連鎖目分離1.bmp

緑から発火する5連鎖
黄から発火して4連鎖目に黄を回収する5連鎖


これらの形は緊急発火性にも優れ、発火までの手数を減らせるという利点がある。
後ろにぷよを付け足すことでクイックが起きにくくなるという欠点もあるが、
基本的にこれらの形は積極的に狙うと良いだろう。
posted by 電気イルカ at 04:00| Comment(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。